Ribbit's works

Ribbit's works

税理士法人に所属し、社内SEとして仕事でも趣味でもプログラミングを行っている筆者が、より業務に近い目線でITについて発信します。

TONE UP!

kintoneをより使いこなすための情報を提供するサイトです。

1文字単位での検索

また、kintoneのフィールド検索には制約があり、日本語であれば2文字以上、アルファベットと数字は単語単位でしか検索ができません。そのため今回は、この問題を解決することができる、僕が開発したプラグインの紹介します。オープンソースで公開して

サンプル - レコードIDを取得する

現在編集中、もしくは表示中のレコード情報を取得し処理を実行するようなシナリオは、kintone の JavaScript カスタマイズでよくあるケースです。このページでは、現在表示しているレコードのレコード ID を取得する方法をご紹介しま

setConfigとgetConfig

kintoneのプラグインには、プラグイン単位で設定情報を保持してくれる機能がありますが、javascriptのオブジェクト型の情報を保持することはできません。通常、JSON.parseとstiringifyを活用して保存・復元するんですが

レコード一覧・詳細画面にボタンを設置するサンプル

kintoneカスタマイズを行う際によく使われる、レコード一覧・詳細画面にボタンを設置する方法を紹介します。

kintone.events.onを効率化する

kintoneカスタマイズを行う際、必ずと言っていいほど記述するコードは何でしょうか?kintoneが独自に用意する関数やプロパティはいろいろありますが、kintone.events.onは誰しもが頻繁に使用されていると思います。1つのアプ

IE廃止の影響

今までChromeがIEのシェアを超えても、EdgeのレンダリングエンジンがChroniumになっても、日本においてIEユーザーは根強く一定割合残り続けていました。そのIEユーザーに対応するため、便利な新しい機能を使えず苦労された開発者の方

もっと読む

コマンドプロンプトの教科書

実用的でグラフィカルなサンプルを使って、コマンドプロンプトの使い方を直感的に理解できる学習サイトです。また、練習問題も豊富に用意しており、あなたの知識習得の手助けをします。

変数の作成

バッチファイルを使って変数を定義・使用する方法を、基本的な使い方からオプションの設定方法まで分かり易く説明しています。また、具体的なサンプルコードも記載しています。

setlocal, endlocal

バッチファイルを扱う上で効果的な、バッチファイルへ引数を渡す処理について、基本的な使い方からオプションの設定方法まで分かり易く説明しています。また、具体的なサンプルコードも記載しています。

バッチファイルの拡張子

コマンドプロンプトで動作するコマンドを記述したファイルの拡張子には.batと.cmdがあります。これらがどのように動作し、どのような違いがあるのかを解説します。

move - ファイル・フォルダの移動

コマンドプロンプトやバッチファイルを扱う上で、PC内のフォルダを操作することも多いです。ここではファイルを移動する方法について、基本的な使い方からオプションの設定方法まで分かり易く説明しています。また、具体的なサンプルコードも記載しています

ファイル名の変更

コマンドプロンプトやバッチファイルを使ってファイル・フォルダの名前を変更する方法を、グラフィカルで分かりやすい具体例を使って紹介します。

ipconfig - IPアドレスを確認する

バッチファイルを扱う上で効果的な、バッチファイルへ引数を渡す処理について、基本的な使い方からオプションの設定方法まで分かり易く説明しています。また、具体的なサンプルコードも記載しています。

もっと読む